アヒャヒャ!やっと中学生! まぁ、見てみろ!損はしないぜ!!!!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
       
第Ⅶ章

カルマはそのまま固まった「お、おいどうした・」ラインがあせる。

ふと我に返ったカルマは「う、ううんなんでもな・・・」

カルマは倒れた。

「お、おい大丈夫か?お~~いみんな担架だ」「またか。」

翌日「ふぁぁぁ」朝目覚めると、知らない男が覗き込んでいる。

「うわぁぁぁ」カルマは思わず叫んだすると男はたじろぎもせず、

「みんなぁカルマが起きたぞ」

カルマには疑問があった。「なんで、倒れたんだろう」

「ガーゴイルに触ったからだ。」みると昨日の男が立っている。

「誰でも最初はそうだ。」「背中を見てみろ」

「見ろって言ったって・・」男はなにかを投げ「ほらよカガミだ」

よくみると背中にコウモリの形があった
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koppe518.blog86.fc2.com/tb.php/76-aed76995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。