アヒャヒャ!やっと中学生! まぁ、見てみろ!損はしないぜ!!!!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「うぅ、しまった。金持ってないんだった。」今更気付くカルマ。

王都は目の前にあった。しかし彼は行動を起こせずにいる。

なにか、やり残したことがあるとかそんなんじゃなくて、単に

空腹にやられてしまっただけ。

「腹が減っては戦は出来ぬというし食い逃げするか。」

いま、彼は定食屋にはいっていった。

              ◆

ある森の中、照らし出す陽光。ものすごい吼え声にオレははっ

とおきだし、身を構えた。辺りを見回すが誰もいない。

そこで、もう一度吼え声。それはクエスとか言う女のいびきだった。

まったく、どういういびきだよ。

もういちど、オレは辺りを見回した。

そして、足りないものに気付いた。小僧がいなかった。

どうせ、自分だけ行って被害を俺たちまで届かないようにするつもりだ

ろうが、そうはいかない。

すぐにオレは、エアロガの力を探した。エアロガの力なんて早々いるも

んじゃない。やつはすぐに見つかった。しかし女がいることに気付く。

ちょっと、待てよ。こいつどうするんだ?

オレの力じゃふたり同時にワープなんて無理だ・・・・・飛んでいくか。

しかし、やっかいなもんを押し付けやがってあの小僧、見つけたら容赦

しないぜ。言っとくがオレはベテランだ。

そのへんの神手なんかちょちょいのちょいだぜ。

オレはすぐさま、準備をした。

(女に水ぶっ掛けて起こすとかな・・・・・・・・・)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あー 暇
リアでも暇 ネットでも暇
どうする? この思い
この無駄な時間
でも お前らと会える唯一の方法だけどさ
2007/03/31(土) 19:48 | URL | サダユウ #c8CYxGEo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koppe518.blog86.fc2.com/tb.php/109-dc9a401f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。