FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第Ⅰ章
恐怖が襲い掛かる。「おい、俺らをどうするつもりだ」

ラインが上ずった声で聞く。するとゴントのひとりが

「いまから貴様らをキース様のところへ連れて行く」

「キース?誰だそいつは・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「罪人の分際でキース様の名を口にするでない!!」

その口調からは威厳と誇りが感じられた。

ふとラインのほうを見ると、なにやら目で合図をしてくる。

「おけ」カルマが誰にも聞こえないような声でそういった。

それでもラインは気づいたようだった。

「どうやら、そうはいかねーみてーだぜ!」

そういった瞬間、ラインは唱えていた呪文の最後の部分を詠唱・・・・

「ぐふっ」血が飛び散る。

しかしゴントではなくラインのほうだった。

「んな。てめー・・・・なにしやが・・・」しかしそこでラインの生命

が途絶えた。「あ、あ。」カルマは何も出来ずに連れて行かれた。

スポンサーサイト
こんにちはっ!
とうとう今日で塾をやめていい避雷針です。
これからはがっこー違う友達と遊びほうけよーと計画を立ててあります
最近インフルエンザはやってますよね・・・・・・・・・
自慢だけどぼくはインフルをたったの

一日でなおしました。

へへーーすごいでしょ?
なんか最近は恋の話で盛り上がってますよ。
僕には無縁の言葉ですけどね・・・・・・・・・・・・・・
カップル成立!と言うやつらもいるみたい(はえーよ
ちょっと時間無いのでこのへんでばいなら
どーも、いつもと変わらぬ避雷針です。
きょーはがっこーでマンガ読みました。
悪がきじゃないですよ、せんせーがおkっていった。
図工の参考に持ってきなさい。とか言われて、朝わいわいしてたら一言


授業以外はマンガ読んでよろしい!


<(・∀・*<)ナンデヤネン



信じられない!どういう風邪の吹き回しか分かりませんが・・・・・
ということで急遽休み時間マンガ同好会結成!
っていってもマンガ読んでるだけですが・・・・・・・・・
ともだちがよんでたブリーチにはまりました。
さっそ明日借りようと思います。
ではコメント返しを


jokerさん
いじめじゃなくてほんとに言ったから・・・・・・・・
うそだとおもうならミキシンに聞いてみて!

サダユウさん
まったくだ!!!!!wwwwwwwwwwwwwwwww
どーもっ!がっこーで更新してる避雷針です。
隣にケロミカがいますよ・・・・・・・・・
後ろに天才ミキシンもいます。
「おいって~~それおかしいって~~」
とかほざいてるケロミカ「いや、これかわいいかわいいケロミカでしょ」
とか自分のことかわいいって言ってる『馬鹿』が居ます。

馬鹿=ケロミカ

自信過剰すぎでしょ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
書くことないのでさいなら~~~~~~~~~~~~~~~^」^
どーもっ!夜遅くに更新してる避雷針です。

何も書くことないですよ・・・・・・・・・・・・・・・・
試合はありましたが、たいしたことなかったし
試合後かえってから4時間ぐらいねただけですよ
とりあえず今このブログの近況を・・・・・・
最近はコメントが減ってます。管理人だけのメッセージはあるけど。
コメントもっとお願いしますよ!
アクセス数は分かりません!カウンター消しましたから。
ではコメント返しを


ケロミカさん
ウザいです・・・・・・・・・
僕はふつーの学ランです。


では才なら~~~~~~~~~~~~~~~~^ー^
こんばんはっ!ちょっと疲れてる避雷針です。
きょーは、ちゅうがっこーのせーふくの採寸?があったんですが。
あ、モチのロンで僕はごくふツーのせーふくでしたが・・・・・・
友達ってわけではないですが同じクラスの女子のせーふくが
特注キタ(・∀・)ーーーーーーーーー
しかも小さいほうのらしーですよ!
わらえますよね~~~~!!!!!!!!!!!!!!!
あ!このひと○○のあれだった・・・・・・・・
すいません○○さん。(笑)
ジャージは真っ赤でけっこーかっこよかったですよ。
で、むかついたのがヘルメット!
すんごいちっちゃくてあんなの入る人いないでしょ!
ってくらい・・・・・・・・・・・
しかもダサい!だから特注。
入るわけねぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こんばんはっ!

今日もた○とと遊んだ、避雷針です。

今日は中学校のスクーリング?があったんですが。

授業はどうでもよくて、授業終了直前に

ぷぅ~~~


と音が・・・・・・・・・・・

それも特大、イチバンうしろの奴がやったのに先生まで聞こえてるし

で、僕の友達が「オマエ屁こいた?」と聞くと。

そしたらひどくあせった様子で「ぼ、僕じゃないよ・・・・・・

君たちじゃないの?」と弁解するんですが、目撃者が多すぎた。

ドンマイ屁こき少年!

うざいよ、避雷針・・・・・・・・・・

話し変わりますがバトン作りたいと思います。
[アンタ。やばいよ・・・・・・]の続きを読む
今、友達の「た○と」君が横にいる避雷針です。こいつが僕と同じMP3をもっているあれです。
いきなりですが、今日は避雷針の名前の由来について教えちゃいます。
実は、名前をかえようと思っていたときに
たまたま劇場版『ナルト』があってたんですね・・・・・・・
それで、ふと見たら我愛羅が電気を持つ敵に避雷針を打ったとこだったんです。
だから避雷針・・・・・・・・・・・
単純ですね。

      〔≡〕=========Э
皆さんしているようなのでコメント返しを今日からしたいと思います。
         裏でバトンと一緒に
[た○とがいる]の続きを読む
どーも、いつになく眠い避雷針です。



それは朝からなんですが・・・・・・・・・・・

今日は寝坊しちゃったんですね。それで、ダッシュで準備して、

家を飛び出たわけです。そしたら、まぁ眠くなるじゃないですか。

それで、歩きながら寝てたわけです。(すげぇよおめぇ!《実話です》

そして、友達に思いっきりビンタ喰らって起きたと。

それが、一つ目の安眠妨害・・・・・・・・・・(二つあんの?

もう一つは塾でして・・・・・・・・

理科の時間は話し聞いてるばっかだから眠くなるんです。

分かりますよね?

で、またもや寝てしまったと。それで、となりの友達に

蛍光ペンでつつかれて起きる。しかし寝る。

それが、何回か続くと慣れてきにせず眠っちゃったりして。

そしたら、切れた友達がアバラの間にペン突っ込んでグリグリ

してきたわけです。いや~~痛かったあれは・・・・・・

思い出すだけでもぞっとしますよ。

ではこのくらいで・・・・・・・・



コメントありがとうございますぅ
〔≡〕====Э    爆弾発射
うまくないすか?この記号文字!
自作です!大砲から爆弾発射!というとこなんですが・・・・・・・
あ?ショボイ?初めて作ったもんですから・・・・・・・・
話ががらっと変わるんですが、今日はバスケだったんですね!
で、インフルとか流行ってるせいか、今日は男子は十人ぐらいしかいなくて、六年の相手する奴がいなかった訳です。
つまり、女子とすること・・・・・・・・・・
バスケの基本中の基本がレイアップなんですが。
それで、突っ込んでいくと女子がよけるわけです。
まぁ、僕は比較的に大きいほう(161センチ)なんで、怖いんでしょうね・・・・・それが、ちょっと笑えました!


コメントありがとーございますぅ!
いま、チャットしながら更新中です!
今日は、六年のお別れ会の出し物のオーディションがあったんですが。
(いや、モチのロンで出場はしません。このめんどくさがりやがやるわけないない)
がっこーの非常階段から覗いて見たんです。いつもの、悪がき軍団でね
そしたら、ばれたんですよ。
幸い、先生にはちくられなかったけど・・・・・・・・・・・・
まぁ、避雷針は悪がきですから!
じまんだよ・・・・・・・・・・・・


コメントありがと=============
どーも避雷針です・・・・
え?なんでこんなテンション低いかって?
そりゃ、へばったからに決まってんじゃない!
だって、二日連続試合ですよ。それも、すんごい朝っぱらから・・・・
へばるの何のって・・・・・・・・・・・・
結果は三位パートの準優勝だよ・・・・・・・・・・・・
しょぼいっすよね?
 






お世辞でもすごいって言えよ!

同感した奴はコメント入れろやぁぁぁっぁぁぁぁぁ!


みなさんいつもコメントありがとう

ございます!
どーもっ!避雷針です!

今日は、今年度最後の試合があったんですが、いや~~~
へばりました!

一回戦は二回試合して二回とも負けてるつよ~~いとこだったんですが

負けちゃいました・・・・

でも、そこのキャプテンと仲良くなりました!

なんか、暗そうなやつだなと思っていたんですが・・・・・・

あちらから話しかけてくれました!いや~~~、人は見かけで判断を

しては、いけませんね・・・・・・・・・・

長くなりそうなんで、裏行きますよ!
[へばっちゃいましたよ]の続きを読む
え~~~ロードさんから回ってきましたバトンです。
●お名前は
さっきかえたばっかだけど「避雷針」

●おいくつ
12才(あと、三ヶ月くらいで13歳

●職業
小学生


●趣味
ブログ更新
メイプルストーリー
読書
音楽鑑賞

●異性のタイプ
いまは、そんなのよりも友達で興味がない


●特技は?
みんな、を笑わせること

●もってる資格は?
漢検6級だけかな?

●悩みは?
ガキ共が言うこと聞かないこと・・・・・・(キャプテンすから


●すきな食べ物
なんでも好きだけど強いて言うならチキン南蛮

●きらいな食べ物
特になし


●あなたが愛する(ばとんをまわしてくれた)人にひとこと
千葉は寒いですか?宮崎はとっても暖かいですよ!
チキン南蛮もうまいし(黙
ちょっと色々訳ありでこぺから避雷針に変えました。





どーも、避雷針です。なんか、今日は卒業研究の発表会でしたよ。
あんま、意味無いと思うんですけどね・・・・・・
で、原稿を覚えなきゃいけないはずなんですが、僕が見た人たちの中で
原稿覚えてたのはぼくだけだったと思いますよ?
それってありなんでしょうか?Σヾ(゚Д゚)ノ
ところで、義理でもチョコって返すべきでしょうか?
ふつーは返さないと思うんですが・・・・・・・・
母が返せ!と・・・・・・・・・・・・・・・・
別にいいと思うんですけどねぇ。
ま、そー言うことで
実は、がっこーで更新してたんですが・・・・・・・・・
あまりに重過ぎて記事消えました!
けっこー書いてたのになぁ~~~~~~~~~
遅れましたがこんばんわっ!
今日はバレンタインでしたねぇ。多分僕の大親友がもらってるのではないかな?そいつは僕と違ってスポーツ万能でモテモテなんすよ。
で、思ったのですが・・・・・・・・・・・
なぜ!そんな才能ある奴が
僕なんかの友達になってくれたのでしょう?
それが最近の疑問です・・・・・・・・・・・・
けど、聞く自信がないです。
では、裏でバトンですよ
[うらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!]の続きを読む
なんか、猫バトンなんて回ってきたにゃ~~
---☆猫バトン☆ -----------
・これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに『にゃ』『にゃん』『にゃー』等をつけなくてはならない。
・『な、ぬ』も『にゃ、にゅ』にすること。
・一人称は必ず『我輩』にすること。
・日記の内容自体は普段書くような当たり障りのないもので構わない。
・日記の最後に5人!まわす人の名前を記入するのを忘れないこと。
・既にやったことがある人でも回されたら何度でもやる事。
---------------------
キャプテンは疲れるのにゃ~~
だって、チビどもが言うこと聞かないから疲れるのにゃ
我輩はいつも憎まれ役にゃのにゃ・・・・・・・・・・・・
それはさておき今日はいつになくねむいのにゃ
我輩の親友猫が我輩と同じMP3をたった6000円でおとしたらしいのにゃ。ホントの金額の3分の1なのにゃ・・・・・・・・・・
我輩も友と同じものだとうれしいのにゃ













[猫?]の続きを読む

バトンですよ
めんどいなぁ




むかつくバトンシリーズ!



1つ目。


『ルール』
 ①見た人は絶対にやってね
 ②暴言吐いてもいいょぉ
 ③回す人を五人書ぃてぇぇ
 ④最後に感想を書ぃてぇ





【1】 ピーンポーン・・・・・

くさっ!!
【2】 こんにちはー。

あのーー、くさいので消えていただけません?

【3】 凄くいい商品ですよ!!ホラ、嫌いな人を呪うキット・・・・

き、君!気に入った~~~~~~~!!
【4】 え?買いません?

買います!

【5】 チッ・・・・

買うって~~~~~~~~~~
【6】かめはめ ハァ・・・・
十倍かめはめはぁぁぁぁぁ!!!!!!!
【7】 これ疲れるんだよ。
だよねぇぇぇぇぇぇぇ!
【9】 お前、名前なんだよ??
超絶大地全壊雪崩爆発創造神少年こぺさま
【10】 はっ?
貴様!それは神への冒涜か?

【11】 プッ

貴様、許さんぞ。
「冥界を守りし、闇の門番よ、永劫につなぎとめられし時の鎖

今、封印をほどきてここに呼び出さん!出でよ冥界の門番リグルス!」

【12】 頭イッてる??

貴様のほうがイっとるわ!

【13】 何歳だよ?

もう、何年も数えとらんが、19333356473才くらいじゃろ
【14】 俺より0・5歳年下だな。
うそをこけ!
【15】身長は何センチだ??

162、・9136482642センチじゃ

【16】 ふーん・・・((ニッ


うそじゃないぞよ
【17】 俺のほうが3センチ高いな!!


もしや、わしの友の○く○か?
【18】 いや、それが言いたかっただけだ。

貴様、また騙しおって・・・・・・・許さん!
大いなる闇の精よ

魔道に満ちるその力、われを邪魔するこの邪教を深き闇の淵に封じたま

え、ダークネス・エアロガ・ステニグル・・・・消え去れ『ブラス

ト』
【19】 ・・・・・
死におった
【20】 ねみー
なぬ、死んでおらん・・・・・・・・
貴様、何者だ?
【21】 もう寝るし?
まぁ、よかろう
【22】 ガキは早く寝ろよ!
わしは、老いぼれじじいじゃ(あ
【23】 んじゃあな?

馴れ馴れしい!
【24】 また来るから

もう2度と来ないでよろしい・・・・・・・・






【25】 ウソだよバーカ!!!!!!

なっ!!神に向かって!
【26】 機種変してぇー

してろよ
【27】 客紹介してくんね?

100000000000000000000000000000000000億円よこせ!





--------------------------------------------------------------------------------



01 よぉ、ツウか誰??

超絶大地全壊雪崩爆発創造神少年こぺさま

02 あっそ


阿蘇山のことか?

03 わりぃわりぃ。それで今何やってる??

バトン更新してるぞよ。
04 へぇ~~。


はぁ~~、ひぃ~~~、ふぅ~~~~へぇ~~~~~~ほぉ~~~~~~
05 趣味は??

下界を眺めることじゃ
06 オタクだねww
消えてください
07 まぁそんなカッカするなって。
閣下?尊敬か?
08 なんか殺意感じるんだけど??

うむ、リグルスを召喚したからな
09 殺さないでくれよ。

どんまい
10 真面目な質問に入るから

どうぞ。
11 年齢は??


さっき言ったじゃん・・・。

記憶力無いね。君。
12 へ~~

あほ!!
13 好きな食べ物は??

人間(嘘
14 へ~~

・・・・・・・・・・・・・・・

15 このバトン10人以上にまわしてくれる??

そんないるかな?
ミキシンさん
サダユウさん
赤リンゴさん
ケロミカさん
ロードさん
Jokerさん
16 なんだと??

お、やるか?

17 まぁいい。お疲れ様。


やった!やっと、君のキモイ顔とおさらばできるよ
なんかサダユウさんから変なバトン回ってきましたよ。
それは、裏でやります。
ところでところで、今日は試合でしたよ・・・・・・・・・
ヤローーぶっ飛ばす

と気合だけはあるんですが、実力がともなってないんだなぁ
今笑った奴誰だ?
試合は、一生三敗だよん。
・・・・・・・・・笑うんじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
でも、笑われても無理ないよな・・・・・・・・・負けるのがいけないもんな・・・・・・・・
暗い話はやめてバトンいきますよ!
[なにこれ?バトン?]の続きを読む
ついに、あの世へ旅立ちそうなこぺです。
今日も、いつもの如くバスケがあったんですが・・・・・・・・
中学生が来ちゃいました。
まぁ、来てくれるのはありがたいんですが、ちょっと強すぎてですね。
へばってしまうんです。へばりすぎて泣く奴もいる
体力ない奴オマエもだろ!僕以上にと言う意味だけど、
そういう人は、めんどくさいからってディフェンス(守備のこと)をサボるんですね。
それで、僕が、助けに行かなきゃならないわけです。
今日は、また試合数が多くてですね、やっぱり僕もへばるわけですよ。
判断力も鈍ってさ、そこで悲劇です。
この悲劇知りたい人裏来なさい!
ていうか、全員来なさい!!!!!
P・S・・・・SUPEKUTAL更新しました。
[苦痛苦痛苦痛苦痛苦痛苦痛苦痛苦痛]の続きを読む
いつになく、テンションが低いこぺですよ。
月曜日は休みだよん(ここまではおk
それで、ずぅぅぅぅぅっと寝てすごすという有意義な
一日にしようと思ってたとこなんですが・・・・・・・
僕の友達が遊びに誘われまして、なんと、僕が行かなきゃ行かん!
とぬかしまして・・・・・・・・・
結局行かされることになりました。
まぁ、カンケーないのにいくということでそれなりの代償は払ってもらうつもりですがね。
腹黒いねぇ~~~~こぺくん
では裏で・・・・・・・・・・
[精神的苦痛]の続きを読む
第ⅩⅠ章

ふと気づくとまたベッドにいる。ガーゴイルとともに寝ていた。

「最近、気づいたらベッドにいるってことばっかだな」

つい、頭をかくカルマ。「バカヤローーー!!」

「あれだけ、いっただろ!!自分を見失うなって」見るとラインがいつ

の間にかいる。さっきは確かにいなかったのだが・・・・・・

「ご、ごめんなさい」カルマは、突如罪悪感の襲われた。

「俺がいなかったら、いまごろ地球がなくなってるところだ」

ラインが憤怒の形相で叫ぶ。

「いったい、なにがあったんですか?」

すると、ラインは銃を取り出して、「そいつは、この≪メモリーライフ

ル≫が教えてくれる」といってカルマの額に銃を押し付け撃った。

気を失うカルマ。そして記憶の流れ・・・・・・




            破滅への、ロンド
これは、村に乗り込んだところからだ。

「俺らだけで十分だ。オマエは右、おれが左だ。いいな?」「OKまかせ

て!」憲兵がいる。突如首が落ちる、カルマたちは常人では目に見えな

いほどの動きをしていた。死んだことさえ気づかないだろう。

刺しては斬る。とそこでカルマが暴走した。

「あはははははははは、僕こそ神だぁ」「チィまた暴走しやがった」

ラインが武器をしまった。カルマが呪文を唱える。

「冥界を守りし、闇の門番よ、永劫につなぎとめられし時の鎖

今、封印をほどきてここに呼び出さん!出でよ冥界の門番リグルス!」

唱え終わったその瞬間、暗黒の煙が立ち込めて羽の生えた蛇つまり

≪キメラ≫が現れた。「なっ!こんな高度な召喚呪文を・・・・・」

「よし、リグルスよこいつらを‘壊せ‘」

リグルスは、けたましい泣き声とともに、火を吐いた。

「チクショウ、仕方ない、ちょいとオネンネしてろカルマ」

召喚者の意識がなくなった場合呼び出した悪魔は消える。

それを、阻止するようにリグルスがラインに火を噴いた。

「おっと」ところが、ラインも百戦錬磨である。

それを軽々と交わしてカルマのところへ走る。

そして、すばやく後ろに回りこみ首筋に手刀をいれる。

カルマは倒れて戦いはあっけなく終わった。
第Ⅹ章


「こいつは、≪紅蓮の鬼槍≫だ・・・・」

カルマはひとまず振り回す。すると男が「ほう、なかなかのもんじゃね

ぇか」とつぶやく。

「す、すごいよ。とっても使いやすい・・・・・」

「はぁ・・、さっきまでおんぼろだとか馬鹿にしてたやつは誰だっけな

ぁ」ラインはここのところ呆れてばかりだった。

「今から、村に行くが、絶対に怒りで自分を見失うんじゃないぞ!」

「だいじょーぶ!ところであんたの武器は?」

男はこれまたボロッチイ武器をひょいと上げて

「これか?こりゃ≪砂塵の斧≫だ。オマエの武器と原理は同じだ」

      
時は経ち

「よし乗り込むぞ」「ちょ、ちょっとしつもーん!!軍隊とかは?」

また呆れるラインであった。「俺らだけで十分だ。オマエは右、おれが左だ。いいな?」「OKまかせて!」

シュッという音とともに二人は消え、血しぶきが飛んだ。

ただ、空が赤くなり、死臭が立ち込める。

カルマにとってこんな楽しみはなかった・・・・・・・・

ただ、感情が頭から離れて行く。

「あはははははははは、僕こそ神だぁ」「チィまた暴走しやがった」
いつもと変わらぬこぺです。
なんと記事消えました・・・・・・・
更新する気失せるね・・・・・・・・(・が多いぞ
んで、やっぱブログ訪問者を気にしてないのは僕だけでしょうか?
どーでもいいからはずしてるし・・
そんな気になるもんかな?
別どーでもいいような?
では、裏で本編愚痴ですよ
[ちょ待て!!おい!]の続きを読む
悪気があったわけじゃないんだけどごめんなさい




今日は、ちょっとやばいよ・・・・・・・・・・
給食後に大便を毎日する奴いるんだけど、そいつ今日もしてました。
便所にたむろしにいったら、まぁいつもの如くやってたんです。
んで、くさいからけって開けたら


うんこ←ドラッグしてね



くさいくさい!!
あ、気にいらなかった?
下ネタばかりでゴメンなさい。
では、裏で本題(これ本題じゃないんかい!!


[ごめんなさいT-Tパート2]の続きを読む
豆まきしましたかぁ?
さっきしましたよ・・・・・・
イタイイタイ
そんなぶつけないでってかんじだな・・・・・・・・・・
今日バスケのスーパーリ-グ見てきたんだけどすごかったよ
やっぱ、プロは違うねぇとつくづくおもったよまったく
ほんとに  キタ(・∀・)----------------------
ってほんとすごいよ
ダンク決めてるし
プレイがはでではででやばいよ
んじゃ終わり
いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ受験おちたぁぁぁぁぁぁ!!
もっとまじめに勉強しとけばとおもったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
同情したと思ってコメントいれて!
はい!落ち着きます・・・・・・・・・・
もう二月だな。
あと、少しの小学生ライフだな・・・・・・・・
友達と離れたくねぇよぉ↓
ということでバトン裏でいきます。
[いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!]の続きを読む
いつものようにもらった仕事をこなしていくだけの

毎日が何年続いただろう。

いつの日にかカルマは心のうちで村の人々を強く憎んでいた。

いつか復讐してやると心に誓った。

ある日のこと

「おい、ガキ起きるんだっ!起きろって言ってるだろ」

カルマはめをぱちくりさせた。「え、何?どういうこと?」

「え、なに、?じゃねぇ!このヒトゴロシが!」

「えっ誰か殺されたんですか?」「ぬぁーにが殺されたんですか?
だ!!殺されたも何もお前が殺したんだろうが」

「そんな、僕やってないです。第一証拠がないじゃ・・・」

「うるせぇ、証拠ならお前の体にべっとりついてるじゃねーか」

ふと見ると体中に血がついていた。「うわぁ」「さ、早くついて来

い!」親父がズカズカと歩いていく。「それに僕は武器も持っていなん

だよ殺せるはずないじゃないか」「エアロガ・スペクタクルハンドさえ

あればヒトゴロシくらいたやすいことだろ」「お前の死刑は明日だ」

「他の人がぼくに罪を着せるためにやったかもしれないだろ」

とっさの思いつきで言ってみたものの、親父は笑っているだけだ。

エアロガ・スペクタクルハンド、それはクーデターを成功させる

唯一の希望の光であり、悪魔が残した最後の悪あがきである。

カルマ自身それが何なのか分からない。ただ一つだけ分かることがあ

る。それは、カルマに身の危険が迫ったとき・感情が高ぶったときに

暴走するということだけだ。カルマは悪魔に身を委ねてでも

力を手に入れ復讐したいと思った。そのときだ、カルマの右手が怪しく

光りだす。「な、なんだ」親父が叫んでいる。カルマの意識が遠のいて

いく、ただ何もかも「壊せ」とだけ頭の中に響いた。
はいはい、絶望よ!!なんでかってっと席替えでこうなったから・・・・・
            前・変態
            横・無口
           斜め前・天然
        斜め後・オバサンタイプ
信じられます?ありえないって・・・・・・・・
親友?とは対角線上で反対側だしさぁ・・・・・
なにも、そんないじめなくたってさ。神様いるなら望んだとおりにせきかえてちょぉ~~~~~
とうとう明日が、西中の合格発表だよん
まぁ無理とは思うけど気になるな。
ではさいなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。